banner

会社設立の諸手続き

会社設立にあたっての手続きなどを支援する業者

会社を設立するには、しなければいけないことがたくさんあります。
資金繰り、定款作成、税金、社会保険のことなど必要書類の作成や手続きなど、なかなかわかりにくかったり、うまくいかない時もあるでしょう。
そんな時には、会社設立を支援してくれる業者があります。
企業を立ち上げたいけれどどうすればいいのかわからない時、事業に専念したいので設立手続きはほかのところに任せたい時、元の職場での引継ぎや残務整理業務が忙しくて設立手続きができない時などには「会社設立支援」をしてくれる業者に依頼するといいでしょう。
そのような業者に依頼するときの会社を設立するまでの流れとしては、会社設立の内容を相談後、その業者と契約を交わします。
その後、定款を作成し、公証人役場で認証を行ってもらう必要があります。
定款とは、商号、事業目的などを明記した、会社を運営するための決まりのようなものです。
発起人が作成するのですが、規定の書き方に沿って作成する必要があり、不備があると会社を設立することができないので、専門知識のある人にサポートをしてもらうことでスムーズに作成することができます。
そして資本金を支払うことで、法務局に会社設立の登記を申請してもらいます。
その登記が終われば会社が設立されたことになるのですが、設立後約2週間で謄本や印鑑証明書などの取得が可能になります。
それらの届け出書の作成や今後の税務顧問などを決めたりしてもらえます。
このように会社設立を支援してもらえる業者のスタッフの方たちは、税理士、行政書士や司法書士の資格を持った方たちです。
税理士は税務に関する書類を作成したり、申請を代行してもらうことができ、税務に関して相談をすると適切なアドバイスをもらうことができます。
行政書士は、社会保険や労働保険など会社設立に伴う書類作成や申請業務、会社を建築することや自動車を購入することに関する書類作成や申請業務をしてもらえます。
また司法書士は、登記に関する業務や法的な書類作成などを当事者の代わりに行ってくれたり、サポートをしてもらえます。
会社を設立するにあたって、このような支援を行ってくれる業者に依頼をすることで、適切なアドバイスを受けることができ、さまざまなことがスムーズに運ぶので時間が節約できます。
また自分で設立をするときに、紙の定款を作成する際4万円の収入印紙が必要になりますが、業者に依頼すると電子定款が利用でき4万円の節約になります。
依頼料は必要ですが、時間や手間のことを考えれば、それらのメリットの方が大きいでしょう。

Copyright(c) 2014 株式会社設立については専門の士業に聞きましょう! All Rights Reserved.